マイナスイオンについて

マイナスイオンとは

マイナスイオンIMG
「マイナスイオン」という呼び名は日本の造語で、学術的には、「負イオン」や「陰イオン」と言います。(英語では「negative ion」)
生体に好影響を及ぼすものの大半は、空気中の負イオンと言われており、本来は「負の空気イオン」と呼ぶ方が正しいようです。でも、一般の方には「マイナスイオン」という呼び名が定着しているため、あえて「マイナスイオン」と記載します。
マイナスイオンは、マイナスの電荷をもつ電子が、空気中の水分子などにくっついてイオン化したものです。自然界では、森の中や滝の近くなどに多く存在します。

マイナスイオンの効果

環境への主な作用

●汚れた空気を浄化する作用がある
●カビの発生防止とカビ臭の消臭
●新建材などから出る揮発性有機化合物の濃度も下げる
●殺菌作用(ダニの死骸・糞)による空気汚染の防止

生体への主な作用

●血液を浄化したり、血液の循環を高めたりする
●アトピー性皮膚炎や喘息の改善
●リラックス効果(副交感神経の働きを良くする)
●体内細胞の酸化を防ぐ

シックハウス症候群対策

厚生労働省は、シックハウス症候群の事態を重く捉え、室内濃度指針値を定めました。
シックハウス症候群を引き起こす有害物質はすべてプラスイオンに帯電しているため、マイナスイオンの効果で部屋の中の化学物質濃度をゼロに近づけることが期待できます。

ニプロ株式会社様「すこやかネット」にマイナスイオンの効果について詳しくまとめられていましたのでぜひ参考になさってください。(当社とニプロ様とは関係ありません。)
http://www.nipro.co.jp/ja/sukoyakanet/19/05.php
Vol.19 マイナスイオン効果 マイナスイオンってなぁに?
http://www.nipro.co.jp/ja/sukoyakanet/19/index.php
ホームページのURLはそのホームページのアドレス(存在場所の情報)にすぎず、そのホームページの内容を複写したり改変したりするものではないので、著作権の侵害ではありません。(弁理士会HPより)